パソコンの使いすぎが原因

ストレッチで改善しよう

肩こりは放っておくと、頭痛や冷え性の原因になってしまいます。
ストレッチで改善できるので、良い方法を知ってください。
簡単にできるストレッチがあります。
肩がこったと思ったら、腕を大きく回してください。
あまりにも痛みがひどい場合は無理をしないで、できる範囲で良いので回してください。
すると肩こりを解消できます。
背中に手を回して、ストレッチもあります。
どの方法も簡単ですし場所を取らないので、職場でもできますね。

肩甲骨を動かすのも良い方法です。
肩こりの原因は、肩甲骨が固まっていることである可能性もあります。
肩甲骨を剥がすようなストレッチをしてください。
職場では人の目があるので、デスクで行うのはちょっと…と思うかもしれませんね。
そんな人は、トイレに行って行うのが良い方法です。
数秒間ストレッチをするだけで、肩こりを解消できるでしょう。
痛みを感じているのに無理をすると、余計に肩こりがひどくなるので注意してください。

肩が冷えていることで、肩こりが発生することもあります。
ブランケットを肩にかけて、温めると良いですね。
あったかいドリンクを飲んで、作業をするのも効果的です。
その時は、ココアがおすすめです。
コーヒーは、身体を冷やす効果があるので肩こりが悪化することがあります。
夏でも職場内は冷房が効いているので、身体が冷えるかもしれません。
ブランケットを持って行ったり、温かい飲み物を選択するように意識しましょう。

どこでもできる方法がおすすめ

肩こりを、放置しないでください。 放置すると悪化するので、仕事を満足に進められなくなってしまいます。 ストレッチで肩を動かすことで、肩こりを解消できます。 肩こりを感じたら、すぐにストレッチを実践することが解消するコツです。 職場でもできる方法を知りましょう。

固まっている部分をほぐそう

肩というよりも、肩甲骨を動かすことを意識してください。 肩甲骨が固まっていることが、肩こりを発症する原因になっています。 しかし痛くてうまく動かせない人は、無理をしないでください。 無理に動かしても肩こりを解消できませんし、さらに痛みが大きくなってしまいます。

身体が冷えていることが原因

なるべく肩を、冷やさないように注意してください。 肩が冷えていると固まりますし、血行が悪くなって肩こりを起こしてしまいます。 冷えるのは、冬だけではありません。 夏は室内で冷房を使っているので、冷えやすいと言われています。 ブランケットなどで、対策してください。